船橋市肝臓病市民公開講座(加藤佳瑞紀先生・島田紀朋先生)11月2日開催

〇ご承知のとおり、肝臓病の治療の進歩は目覚しく、特にC型肝炎治療では飲み薬だけで治療ができる経口新薬がこの9月に発売になりました。画期的な進歩で、新時代を迎えたと言えます。積極的な病院では、この治療は既に開始されています。

〇今まで、インターフェロン治療ができなかった方、途中中止を余儀なくされた方、無効だった方に適用できる待望の新治療法です。又、この新薬は肝硬変(代償性)の方にも適用が広がりました。副作用も比較的軽く、年齢、性別などにほとんど関係なく効くと言われています。他方、ウイルスの特定の遺伝子変異がある場合には効きにくい、場合によりALT値が上昇するなどの留意事項もあります。従来の治療が適用できなかった方も、改めて肝臓専門医を受診し、この治療ができるかどうか相談されることをお勧めします

〇この市民公開講座では、これらの最近の新薬の治験情報や治療の詳細について、肝臓病専門の先生からお話が聞けますので、是非、ご参加下さい。

船橋市 肝臓病 市民公開講座(概要)

日時:平成26年11月2日(日)
会場:クロス・ウェーブ船橋 講堂  船橋市本町2-9-3
定員:先着200名様 [どなたでもご参加いただけます(事前申し込み不要)]

※定員に達した場合その時点で締め切りとさせていただきます。
※駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。ご来場の際の交通費はご自身のご負担でお願いします。

13:30~14:20 講演①

「肝炎から肝硬変・肝癌へ、その病態と治療について」
独立行政法人 地域医療機能推進機構 船橋中央病院 内科 診療部長 加藤佳瑞紀先生 

14:20~15:10 講演②

「C型肝炎治療の最前線」
医療法人 沖縄徳洲会 千葉徳洲会病院 消化器内科 肝臓病センター長 島田紀朋先生 

15:10~15:20 肝臓友の会 挨拶
千葉肝臓友の会 副会長 篠田省輔

15:20~15:35 休憩

15:35~16:00  Q&A あなたの疑問にお答えします

〇詳細は下記の「ちらし」ご参照ください。

(新)市民公開講座B5_01_R

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me