切除不能な肝細胞がんにおける「ネクサバール」の承認条件が解除-バイエル薬品

QlifePro  2015年06月10日

バイエル薬品株式会社は6月5日、「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」、「切除不能な肝細胞癌」および「根治切除不能な分化型甲状腺癌」を効能・効果として販売中の「ネクサバール(R)錠 200mg」(一般名:ソラフェニブトシル酸塩)について、「切除不能な肝細胞癌」に対する承認条件解除の通知を厚生労働省より受領したと発表した。これにより、肝細胞がんの適応に対する製造販売後の全症例を対象とした特定使用成績調査(全例調査)は終了する。また、この件についての医療機関への案内は、医薬情報担当者を通じて開始するという。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me