インターフェロンフリーのC型肝炎治療薬、6月26日に承認審議される予定

〇厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が26日に開かれる予定。
この審議会で、C型肝炎に効く、インターフェロン(IFN)を使わない経口新薬2剤、ダクラタスビルとアスナプレビルの承認可否の審議が行われる。

〇ブリストル・マイ ヤーズ社の「ダクルインザ錠60mg」(一般名:ダクラタスビル)と「スンベプラカプセル100mg」(一般名:アスナプレビル)である。両剤は併用し、「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」に効能・効果 がある、とされている。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me