C型肝炎は内服でほぼ全例が治癒する時代へ(熊田博光氏)

〇ここのところ、経口新薬による情報が続いていますが、11月26日にC型肝炎プレスセミナー(主催:アッヴィ合同会社)において、虎の門病院分院長、熊田博光氏は、「来年にはC型肝炎は内服薬のみでほぼ全症例が 治癒する時代が到来するだろう」と発言されたという。又、他方、現在認可されている経口新薬では、「前治療無効でNS5A・NS3耐性変異株あり」は著効率が低いと言われている。いずれにしても、来年認可が見込まれている経口新薬は、95%以上100%に近い著効率が見込めるとして、標題の通り、❝ほぼ全例が治癒する時代”と表現されています。C型肝炎で長年苦労された患者の皆さんは福音であり、大変うれしいニュースと言えます。(ご参考までに、下記のケアネットよりの情報をご覧ください。)

C型肝炎は内服でほぼ全例が治癒する時代へ

ケアネットより 2014/12/01:(ケアネット 金沢 浩子)

 C型肝炎ウイルスに対する治療は、2011年の直接作用型抗ウイルス薬(Direct Acting Antivirals;DAA)の登場で大きく変換した。現在、効果のより高い薬剤・レジメンの開発が続いている。2014年11月26日、都内で開催さ れたC型肝炎プレスセミナー(主催:アッヴィ合同会社)にて、熊田 博光氏(虎の門病院分院長)がC型肝炎治療の進歩と著効率の変遷を解説、さらに開発中のレジメンを紹介し、「来年にはC型肝炎は内服薬のみでほぼ全症例が 治癒する時代が到来するだろう」と予測した。

■日本人で多いのは「ジェノタイプ1b型・高ウイルス量」
C型肝炎ウイルスの遺伝子型は民族によって異なり、日本人ではジェノタイプ1b型・高ウイルス量の患者が多く、5割以上を 占める。しかしながら、1992年に承認されたインターフェロン(IFN)単独療法では、このジェノタイプ1b型・高ウイル ス量の患者に対して、虎の門病院における著効率は11.7%と低く、全体でも著効率は3割と、つらい治療にもかかわらず7割 が無効であったという。また、次に承認されたペグ-IFN+リバビリン(RBV)併用療法でも、2004年~2011年にお ける、ジェノタイプ1b型・高ウイルス量の患者の著効率は48.8%と5割に満たなかった。しかし、2011年にDAAが登 場し、IFN+RBV+プロテアーゼ阻害剤併用療法により、ジェノタイプ1型のSVR率は、初回治療例ではテラプレビル73%、シメプレビルで88%、バニプレビルで84%と高い効果を示した。しかし、前治療無効例に対しては、順に34%、 50%、61%と徐々に増えているものの低いことが課題であった。

IFNフリーの経口剤が登場
日本人のC型肝炎患者の特徴として、高齢者が多いこと、副作用(とくにIFN)に敏感なこと、高齢化のために欧米より肝が んの発生頻度が高いことが挙げられる。そのため、高齢者・うつ病・IFNが使えない患者にも使える、IFNフリーの経口剤治 療が求められていると熊田氏は述べた。このような状況から、IFNフリーの経口治療薬であるダクラタスビル(NS5A阻害 剤)+アスナプレビル(NS3阻害剤)併用療法が開発され、今年9月に両薬剤が発売された。
これら2剤の併用療法における第III相試験での著効率は、ジェノタイプ1b型のIFN治療に不適格の未治療または不耐容 の患者で87.4%、IFN治療無効の患者で80.5%と、高い有効性が示された。また、この有効性には、性別、年齢、開始 時HCV-RNA量、肝硬変などの背景因子の影響はみられなかった。有害事象については、鼻咽頭炎、頭痛、ALT増加、 AST増加、発熱が多く、有害事象による投与中止例は5%であったと熊田氏は紹介した。

■「前治療無効でNS5A・NS3耐性変異株あり」は著効率が低い
この2剤併用経口療法の登場により、厚生労働省「科学的根拠に基づくウイルス性肝炎治療ガイドラインの構築に関する研究班  C型肝炎ガイドライン」が今年9月に改訂された。このガイドラインの治療選択肢の患者群ごとのSVR率をみると、
・IFN適格の初回・再燃例:88%(IFN+RBV+シメプレビル3剤併用療法)
・IFN不適格の未治療/不耐容例:89%(ダクラタスビル+アスナプレビル2剤併用療法)
・前治療無効でNS5A・NS3耐性変異株ありの患者:43%(IFN+RBV+シメプレビル3剤併用療法)
・前治療無効でNS5A・NS3耐性変異株なしの患者:85%(ダクラタスビル+アスナプレビル2剤併用療法)
となる。
熊田氏は、前治療無効でNS5A・NS3耐性変異株ありの患者では43%と低いのが問題であると指摘した。

内服薬のみでほぼ全症例が治癒する時代が到来
最後に熊田氏は、わが国で経口剤のみの臨床試験がすでに実施されているレジメンとして以下を紹介し、このうち、ギリアド、 アッヴィ、ブリストルの薬剤は来年には発売されるという見通しを語った。
・NS5B阻害剤+NS5A阻害剤(ギリアド・サイエンシズ、2014年9月申請)
・NS5A阻害剤+NS3阻害剤(アッヴィ、Phase3)
・NS5A阻害剤+NS5B阻害剤+NS3阻害剤(ブリストル・マイヤーズ、Phase3)
・NS5A阻害剤+NS3阻害剤(MSD、Phase2~3)
これらレジメンの治療期間は12週と短くなっている。熊田氏は、これらの著効率が海外で95~100%、日本でもギリアド のNS5B阻害剤+NS5A阻害剤が99%(Phase3)、アッヴィのNS5A阻害剤+NS3阻害剤が95% (Phase2)と高いことから、「C型肝炎は内服薬のみでほぼ全症例が治癒する時代が到来するだろう」と述べた。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me