ソラフェニブ治療歴を有する肝細胞がんの治験のお知らせ

〇周知のごとく、肝細胞がんの抗がん剤はソラフェニブが主流ですが、更に有効な抗がん剤の研究開発は行われているようです。

〇その中で、今回、協和発酵キリン(株)から ソラフェニブ治療歴を有するc-Met高発現の切除不能肝細胞がんを対象とした治験が開始されました、との記事が日経メディカル誌に出ました。下記の関連記事のコピーをご参照ください。

〇関心のある方は、協和発酵キリン(株)か、日経メディカルに問い合わせてください。

ソラフェニブ治療歴を有する肝細胞がんの治験

 

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me