アッヴィ、新C型肝炎治療薬(代償性肝硬変を含むC型慢性肝炎患者の治験)データ発表

〇今度、アッヴィ社が日本で開発中のC型肝炎治療(オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル )について、代償性肝硬変を含むC型慢性肝炎患者さんを対象とした新規データを発表した。今話題のギリアド社の「ハーボニー」に並ぶもう一つの申請中の新薬です。同社プレスリリースの一部を抜粋して掲載します。

【千葉肝臓友の会】

アッヴィ、日本で開発中のC型肝炎治療について、代償性肝硬変を含むC型慢性肝炎患者さんを対象とした新規データを発表

2015年5月27日 アッヴィ合同会社

● 日本肝臓学会総会においてGIFT-I試験の新規データを発表 ● 日本人ジェノタイプ1b型C型慢性肝炎患者さんにおけるSVR12率は95%(主要評価項目)、代償性肝硬変患者さんにおけるSVR12率は91%(副次的評価項目) ● 二重盲検下で12週間プラセボ投与した後、アッヴィが開発中のC型肝炎治療を非盲検下で実施した結果、C型慢性肝炎患者さんの98%でSVR12を達成 ● 日本人ジェノタイプ1型C型慢性肝炎患者さんを対象としたアッヴィのリバビリンを使用しない治療法は、2種の直接作用型抗ウイルス剤オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル固定用量を1日1回12週間併用投与

アッヴィは、2種の直接作用型抗ウイルス剤オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル の開発を行っており、現在、日本の厚生労働省で優先審査中です。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me