インターフェロン不要のC型肝炎治療薬「Sovalid」(一般名=ソホスブビル)米国で承認(米ギリアド・サイエンシズ)

〇米FDA(食品医薬品局)は6日、米ギリアド・サイエンシズのC型慢性肝炎治療薬 「Sovaldi」(一般名=ソホスブビル)を承認した。この薬は国内では第3相治験中である。但し、薬の価格は高額である。ご参考までに概要を掲載します。

米FDA C型肝炎治療薬 「Sovaldi」承認、IFN不要 (2013年12月9日)

 米FDA(食品医薬品局)は6日、米ギリアド・サイエンシズのC型慢性肝炎治療薬 「Sovaldi」(一般名=ソホスブビル)を承認したと発表した。インターフェロン(IFN)との併用不要なヌクレオチド類似体阻害剤 で、1日1回経口投与する。1947人を対象に行った臨床試験で、1、2、3および4型の遺伝子型に対する有効性や、IFN不適格の患者 に対する効果を確認した。

米での医薬品卸購入価格は28錠入りのボトルが2万8000ドル(約289万円)となり、12週間の治療期間では、8万4000ドル (約866万円)かかる計算だ。
同剤は、国内では現在臨床第3相試験中。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me