B型肝炎、変わる常識 母子対策だけでは防げず 怖い再活性化 

〇母から子への感染を徹底して予防すれば制圧可能と考えられてい たB型肝炎をめぐる常識が変わってきた。大人が感染した場合も慢性肝炎になる恐れが明らかになったほか、「治った」と思われていた人たち が別の病気の治療をきっかけに、死亡率が高い劇症肝炎になる例があることも判明した。専門家は「ワクチンの接種方式をはじめ、B型肝炎対 策を見直す必要がある。検討を急ぐべきだ」と指摘している。

「医療新世紀」共同通信社  2014年6月17日(火) 配信より

〇関心のある方は、共同通信社  2014年6月17日(火) 配信の「医療新世紀」をご覧ください。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me