B型慢性肝炎治療薬「ベムリディ錠」(TAF)、日本で承認される-ギリアド社発表

ギリアド・サイエンシズ株式会社は12月19日、代償性肝疾患を伴う慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染症の成人を対象とする1日1回投与の治療薬「ベムリディ(R)錠25mg」(一般名:テノホビルラフェナミドフマル酸塩)の製造販売承認を取得したと発表しました。

〇この新薬は、いわば、「テノホビル」を進歩させた薬剤であり、従来から使われている「テノホビル」(テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩TDF)300mgと同様の高い抗ウイルス効果を、TDFの10分の1以下の用量で発揮できるといいう。同剤はTAFとも呼ばれ、TDFと比べ血漿中の安定性が高く、テノホビルを効率的に肝細胞に送達することができ、その結果、投与量および血中のテノホビル濃度の低減を実現でき、TDFと比較して腎および骨に対する副作用が少なく安全性を改善したとしています。

〇詳しくは、QlifePro 2016年12月21日をご覧ください。

【千葉肝臓友の会】

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me