非環式レチノイド(ペレチノイン)によるMYCN陽性肝がん幹細胞の排除について(理化学研究所発表)-肝がんの予後予測バイオマーカーの開発に期待-

〇今回、理化学研究所(理研)生命医科学研究センター肝がん予防研究ユニットの小嶋聡一ユニットリーダー、秦咸陽研究員らの共同研究グループは、肝がん治療後の再発を予防する世界初の薬として治験が進められている「非環式レチノイド[1](一般名:ペレチノイン)」が、がん遺伝子「MYCN[2]」を発現する肝がん幹細胞[3]を選択的に排除していることを突き止め、MYCNが肝がん再発に対する創薬標的であることを明らかにしました。(2018年4月24日)

〇詳しく知りたい方は、理化学研究所ホームページ(http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180424_1/)をご覧ください。

【千葉肝臓友の会】

 

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me