C型肝炎(HCV)新薬、リバビリンフリーで効果

2014年11月20日  ソース:Lancet
文献:Lawitz E,et al.The Lancet, 11 November 2014 doi:10.1016/S0140-6736(14)61795-5.

 〇未治療または治療困難のC型肝炎ウイルス(HCV)感染患者253人を対象に、 NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤MK-5172(grazoprevir)+HCV NS5A阻害剤MK-8742(elbasvir)併用の効果を第2相試験で検証(C-WORTHY試験)。2剤併用療法は、リバビリン併用や肝硬変の有 無に関わらず高い有効率を示した。(この2剤に+リバビリンとリバビリンなしの各種組み合わせ試験の著効率(SVR12)の結果は、90~100%であり。リバビリンなしでも有効であることが検証された。)

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me