アッヴィ社、新規IFNフリー薬、ジェノタイプ全タイプで国内第3相試験開始

〇アッヴィは3月14日、C型慢性肝炎に対する新規インターフェロンフリー治療薬について、日本人を対象とした全てのジェノタイプ(1~6型)で臨床第3相試験の患者登録を開始したと発表しました。米アッヴィ社は日本を除くグローバル第3相試験については、1月に、既に患者登録を開始しました。

〇該当の経口治療薬は開発中のNS3/4Aプロテアーゼ阻害剤ABT-493(開発コード)とNS5A阻害剤ABT-530(同)の2剤併用療法です。日本国内では複数の試験を走らせる予定という。国内の主な肝臓専門科のある数十の病院で、数百人規模の患者を対象に第3相試験が行われる模様であります。この治験に関心のある方は、最寄りの肝臓病拠点病院などに問い合わせてください。

〇詳しくは、日刊薬業( 2016年3月14日 )の記事をご参照ください。

【千葉肝臓友の会】

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me