C型肝炎新薬をすべてのジェノタイプ(1-6型)対象に国内第3相臨床試験開始(アッヴィ社)

〇ヴィキラックスの発売元であるアッヴィ社日本法人は14日、すべてのジェノタイプ(遺伝子型)のウイルス に対応した経口C型肝炎治療薬の国内第3相臨床試験(P3)を開始したと発 表しました。つまり、ジェノタイプ1~6(GT1~6)型のC型慢性肝炎ウイルスに感 染した日本人患者を対象に治験がおこなわれるという。NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤「ABT-493」 、NS5A阻害剤「ABT-530」による経口剤のみの1日1回投与で、リ バビリン非併用における有効性と安全性が検討されます。

〇この治験は、米アッヴィの国際P3プログラムの一環として実施され、有効性の主要評価 項目は投与12週後の継続的なウイルス学的著効(SVR12)率です。

〇現在、日本のジェノタイプ2型の患者は、2型適用の経口薬治療では、リバビリンを併用することになっており、貧血などの副作用に苦しんだり、適用を躊躇している例がある。この新薬が認可されれば、リバビリン併用の必要がなくなり、副作用が軽減し、適用範囲がさらに広がると期待されています。

〇関心のある方は、化学工業日報2016年3月15日 (火)をご覧ください。

【千葉肝臓友の会】

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me