京都大学、新しいC型肝炎ウイルス感染予防ワクチンを開発

京都大学明里宏文霊長類研究所教授、加藤孝宣国立感染症研究所室長らの研究グループは11月4日、新しいC型肝炎ウイルス感染予防ワクチンを開発した、と発表しました。

 愈々、待望のC型肝炎ウイルスのワクチンが実用化されそうです。大学ジャーナルonlineの記事を抜粋掲載します。

【千葉肝臓友の会】

◎C型肝炎ウイルス(HCV)は慢性肝炎を引き起こし、肝硬変や肝癌の原因となるウイルスである。近年、HCVの複製を阻害する直接作用型抗ウイルス薬が開発され、C型慢性肝炎の治癒率も上がってきた。しかしこの治療法は高額で、しかも治癒後も再感染のリスクがある。また発展途上国では今もなお感染拡大していることから、感染・発症予防が可能な新しいHCVワクチンの開発が求められている

そこで同研究グループは、培養細胞によるHCV増殖システムの技術を応用してHCV粒子を大量に培養し、その不活化HCVワクチンについて検討を進めてきた。今回、不活化HCV粒子を新規アジュバント(ワクチンの細胞の免疫反応を高める補強剤)であるK3-SPGとともにコモンマーモセットに接種したところ、感染阻止に有効な中和抗体と細胞性免疫の両方を効率良く誘導できることを初めて明らかにした。

この研究成果により、培養細胞で作製された不活化HCV粒子は、強力な新規アジュバントであるK3-SPGとともに接種することで有効で安全なHCVワクチンとして使用できる可能性が示されたという。今後、不活化HCV粒子の大量合成技術やワクチン接種プロトコルの最適化を通じて、早期のHCVワクチン実用化を目指す。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me