ヒトiPS細胞からミニ肝臓大量製造の手法開発に成功-横浜市大

〇周知の如く、ips細胞を応用していろいろな人間の器官・臓器を製造する研究が進められていますが、この度、横浜市立大学から12月6日、iPS細胞からヒトのミニ肝臓(iPSC肝芽)を大量製造する手法の開発に成功したとの発表がありました。その一部を抜粋してお知らせします。

〇この研究は、同大学学術院医学群臓器再生医学の武部貴則准教授、谷口英樹教授らの研究グループが、株式会社ヘリオス、株式会社クラレ、味の素株式会社、株式会社ニコン、カールツァイスマイクロスコピー株式会社との産学連携体制で行ったもので、研究成果は、「Cell Reports」に掲載されています。

〇今回、研究グループは、iPS細胞からヒトのミニ肝臓を大量製造する手法の開発に成功した、と発表しました。京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授らの樹立した、日本人への免疫適合性の高いHLA型をもつHLAホモドナーiPS細胞(研究用)から、ミニ肝臓作製に必要な3種類の全ての細胞および小型化したミニ肝臓を、高い品質を担保して製造することが可能となったという。ips細胞を用いた肝臓病医療への道を一歩進めた意義は大きく、注目される研究であります。

〇詳しくは、QlifePro 2017年12月08日をご覧ください。

【千葉肝臓友の会】

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me