新機序に基づくB型肝炎ウイルス治療薬候補を同定(日本医療開発機構発表)

東京大学、日本医療研究開発機構新規作用機序に基づくB型肝炎ウイルス治療薬候補を同定」と2018年10月25日に発表しました。

〇要点を抜粋すると、ポイントは、次の3項で、「ニタゾキサニド」が、B型肝炎ウイルスRNAを抑制することを確認し、治療薬の候補になるとしています。
*B型肝炎ウイルス(注1)の複製に重要なウイルスタンパクHBxと宿主タンパクDDB1との結合を阻害する薬剤の効率的なスクリーニング系を構築し、
ニタゾキサニドを同定しました。
*在B型肝炎治療に広く用いられている核酸アナログ製剤では抑えることのできないウイルスRNAの産生をニタゾキサニドが抑制することを確認しました。
*今後、既存のB型肝炎治療薬では達成困難であるB型肝炎の治療目標「Functional cure」(HBs抗原陰性化)への展望を新たに拓くと期待されます。

〇詳細を知りたい方は、日本医療開発機構のホームページをご覧ください。

【千葉肝臓友の会】

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me