C型肝炎新薬ハーボニー、保険適用へ(患者の7割遺伝子タイプ1型に対応)

〇愈々待望のC型肝炎新薬ハーボニーの薬価が決まり、8月31日より保険適用が可能になります。
ハーボニーは、ソホスブビルとレディパスビルの配合錠で、薬価は、一錠80,171円(四捨五入)と決まりました。国内C 型患者の7割を占める遺伝子タイプ1型に適用される。このソホスブビルを含む新薬は、著効率が95~100%と言われており、5月に発売された遺伝子2型向けのソバルディと併せて国内C型患者のほぼ全例に適用可能となります。C型肝炎患者にとって、極めて画期的な朗報です。医療費助成制度は、ソバルディと同様に適用されます。

【千葉肝臓友の会】

〇関心のある方は、下記をクリックして、朝日新聞朝刊(8月27日)の記事をご参照ください。

C型肝炎新薬、保険適用へ  (患者の7割遺伝子タイプ1型に対応)

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me